奉仕活動

国際奉仕

 act01-002

国際ロータリーのネットワークを活かし、世界の国々と人的・経済的な奉仕活動に取り組んでいます。主な事業に次のようなものがあります。国際ロータリーのネットワークを活かし、世界の国々と人的・経済的な奉仕活動に取り組んでいます。主な事業に次のようなものがあります。

青少年交換プログラム

ロータリーの青少年交換事業は、 1929 年頃、ヨーロッパで始まりました。 自国の高校生を海外に派遣、その交換に海外から高校生を受け入れるプログラムです。学生は 1 年間、ロータリークラブ会員の家にホームステイし、その国の高校に通学します。
札幌東ロータリークラブでは 1968 年からこの事業に取り組み、これまで 100 名を超える学生のお世話をしてきました。

●交換留学生一覧(会員用ページとなります)
●2012-2013年度活動

ロータリー財団

1917 年、 世界中のロータリークラブ会員からの寄付金を財源として発足しました。 主な事業の次のようなプログラム があります。
国際親善奨学金プログラム
他国での勉学・研究を欲する学生に対し奨学金を支給しています。
元国連難民高等弁務官の緒方貞子さんは 1951-52 年度のロータリー財団奨学生です。
札幌東ロータリークラブでは、これまで 19名の奨学生をサポートしてきました。
研究グループ交換( GSE )プログラム
専門職務に携わる優れた職業人たち数名でチームを構成し、約 1 ヶ月間、他国の視察を行うプログラムです。
札幌東ロータリークラブでは、 ‘01年度に GSE 団長を輩出するなどでこの事業に貢献してきました。

●財団寄付一覧はこちら(会員用ページとなります)

米山記念奨学会

日本全国のロータリークラブ会員の寄付金を財源とする財団法人ロータリー米山記念奨学会と協力し、日本に在留している外国人留学生に対し、奨学金を支給・支援しています。
奨学生には奨学金支給期間中、 ロータリークラブ会員が カウンセラーとしてお世話し、勉学・研究や就職の相談に乗ることもあります。
札幌東ロータリークラブでは、これまで 15名の奨学生をサポートしてきました。

●米山記念奨学会寄付一覧はこちら(会員用ページとなります)

世界社会奉仕( WCS )

1967 年に発足したこのプログラムは、他国のロータリークラブのプロジェクトに人道的な援助の手を差し延べるものです。発展途上地域への物資の支援などで、札幌東ロータリークラブではケニアの HIV 孤児に対する援助などを行っています。

2010年6月7日