トップページ > お知らせ一覧 > 札幌東ロータリークラブ 創立60周年記念事業 「ろう者との交流フットサル教室」を終えて

札幌東ロータリークラブ 創立60周年記念事業 「ろう者との交流フットサル教室」を終えて

2018/11/05(月)

11月4日(日)10時00分から、札幌東ロータリークラブ創立60周年記念事業「ろう者との交流フットサル教室」(共催:北海道ろう者サッカー協会)を開催しました。




当日は、快晴の中、約70名の皆様にご参加頂き、リーフラス株式会社様の運営の下、エスポラーダ北海道の田辺陸選手を講師としてお招きして、約2時間30分のフットサル教室が開かれ、基礎的な練習やゲーム形式でのプログラムが行われました。




プログラムの中では、ろう者と聴者が音に頼らないコミュニケーションをとりながらフットサルを行い、相互に交流を図りました。また、ゲーム形式の中では、聴者に耳栓をつけてプレーしてもらい、音のない世界を体験してもらいましたが、「耳栓をすると声が出ない」、「身振り手振りを付けないとわからない」など普段とは違った感覚があったようです。教室の最後には、田辺陸選手と北海高校サッカー部のチームとろう者の皆様のチームとで親善試合を行い、大変な盛り上がりを見せました。




教室終了後は、昼食会を挟み、田辺陸選手の講演会(演題:「努力する大切さと考える技術」)が開催されました。講演会には、約100名の皆様にご参加いただきました。講演会では、田辺選手から、フットサルのプロになるまでにどのような事を考えて日々の練習に取り組んできたかについてお話しいただきました。




参加者へのアンケート結果では、多数の方から「とても良かった」、「また参加したい」との声をいただきました。札幌東ロータリークラブは、今後も、このような活動に取り組んでいきたいと考えております。
この度のフットサル教室にご参加頂いた皆様、誠に有難うございました。




HOMEに戻る
- Powered by PHP工房 -

札幌東ロータリークラブ事務局

Secretariat Contact
Address:
〒060-0002 札幌市中央区北2条西4丁目 北海道ビル
FAX: 011-222-2744